image

2021年8月29日(日):イーサン·ハフ 

(自然ニュース)日本では、現代武漢コロナウイルス(Covid-19)の「ワクチン」が少なくとも163万回投与され、「異物」の形で「汚染」が含まれていることが明らかになり、中断された。

8月26日、保健部は8つの異なるワクチン接種部位のうち少なくとも390回、39本の注射液にミステリー物質が含まれていることを発見したが、不思議なことにこれは磁性物質であることが分かった。

環境部の関係者は「磁石に反応する物質」と発表し、ガラス瓶の内部に酸化グラフェンが存在するかどうかについて新たな懸念を示した。 「金属かもしれない」

日本の医薬品メーカーである武田薬品は、磁気瓶に関する複数の報告を受け、政府関係者らが公衆衛生のために迅速な措置を取るよう促した。

汚染報告書には56万5400回分の注射を含むモダルナワクチンが含まれている。 日本の厚生労働省は、武田と協議し、安全ではないと判断し、全量停止を決定した。

2回の追加配置も中断され、これ以上人々の懐に抱かれない総投与量は約163万回に達した。

不幸にも、日本全域の863ヵ所の予防接種センターでは、すでに影響を受けたロットから一部の用量が投与されていた。 その後、彼ら全員に直ちに注射を中止するよう通知された。

日本の大部分はフォーチ・インフルエンザの予防接種を受けていない
 
image

当局者によると、これまで何の副作用も報告されていないが、武田は緊急事態として直ちに調査するよう促した。 影響を受けるロットは3004667、3004734、3004956です。

同社は声明で、「モデナは、COVID-19ワクチンの医薬品瓶にPM2.5が見られることを通知されたことを確認している」と発表した。

同社は報告書を調査しており、パートナーの武田氏や規制当局と迅速に協力し、この問題に対処することに決めています。

現在、日本で投与されている全てのモダンナ注射は、スペイン国外の企業から来ている。 アメリカなどで管理されているのは、どこか他の場所から来ている。

加藤克信官房長は「特に職場や大規模センターで予防接種の進行にいかなる影響も与えないよう最善を尽くす」と明らかにした。

現在、他の国の現代ワクチン供給がこの発見の影響を受けているかどうかは不明だ。 モデルナ接種注射が投与されている場所では、横に磁石を置いて瓶がくっつくかどうかを調べるべきかもしれません。

日本の人口の約43%が中国ウイルスの「完全予防接種」を受けており、50%は少なくとも1回は接種を受けているかもしれない。 それはCOVIDワクチンのコンプライアンスが低い国の一つです。

ファイザーが製造したmRNA注射液を含め、すべてのmRNA注射液に人体細胞内へのワクチン薬物の伝達を強化する毒性の強い磁性物質であるグラフェンオキシドが含まれているという分析も出ている。

グラフェンオキシドは銅より伝導性が高く、体が磁気になる可能性があるため、最近注射を受けた人の腕に磁石がくっついているという報告が世界中から殺到している。

ナチュラルニュースのある解説者は、グラフェンオキシドについて、「これは謎ではない」と書き、注射には厚さ1ナノメートルの2次元原子層が含まれていると主張した。

「酸化グラフェンに関する一般的な調査によると、酸化グラフェンは約20年前に初めて合成され、現在、多くの医薬品を含む多くの用途で実験されています。 これは主流の情報です。 ワクチンに酸化グラフェンが含まれていることは、主流の報道では無視されています」

武漢流感による負傷者と死亡者に関する最新ニュースについては、ChemicalViolence.comをご覧ください。
https://www.naturalnews.com/2021-08-29-graphene-oxide-japanese-suspend-moderna-covid-vaccines.html