2021年9月19日
ゲーリー·D·バーネット著

ギャリー·D·バーネット:「インフレ、貧困、飢餓、経済崩壊、ファシズム、マルクス主義、共産主義、殺人: ニューノーマル?」
 
image

民が自由を行使しない限り、暴君たちはそうするだろう。暴君たちは積極的で情熱的で、宗教的であれ、他の神々の名のもとに眠っている人たちを束縛するために献身するだろう。
~ボルテール

人間のだまされやすさには限りがないようだ。もしだまされたら、どうしてこんなに多くの人が盲目になるのだろう。 過去18ヶ月ほどを振り返ってみると、この詐欺の範囲は「パンデミック」と呼ばれ、この国全体(そして世界全体)がどのように嘘、欺瞞、圧政を受け入れてきたかを理解するのは非常に驚くべきことです。 国家の手による大量殺人はすでに始まっているが、致死的で有毒な注射が意図的に「ワクチン」と誤認され、民主主義的な大量殺人が今後数年間、この全国民の間で明らかになるだろう。 この大量虐殺による社会奪取の犯人は、今や全ての子どもたちを追いかけており、今年と来年にかけてできるだけ多くの人を「ワクチン」で毒殺しようとしている。

哀れな臆病な愚者の国だけが、無防備な子孫のためにこのような忌まわしい運命を許すだろう。 このような行動は、知性の欠如と現実に対する無知を示している。 それはまた、病気で不道徳な社会の化身である広範な無関心を示している。  

だから、奴隷のような社会に対する全体主義的支配のいわゆる「新しい正常」は、われわれを支配しようとする人々のせいだけでなく、適切な抵抗なしにこれを許した国民全体のせいでもあるようだ。 敵のせいにするのは簡単だが、自分のせいにするのはどんな犠牲を払っても避けられ、暴君よりもさらに悪い態度だ。 支配階級である私たちの間には悪が存在すると予想されるが、大衆無関心の悪は決して受け入れられない。

ここ数ヵ月間、国民は全体主義体制の意志を完全に黙認し、その過程で根拠のない恐怖のために弱点を露呈した。 多くの人は安全があると信じているが、それは人間ではなく、群れ動物の考え方にすぎない。 一部の群れの死と破壊を自発的に許容することで、残りはもう一日生きることができるが、このような態度を受け入れれば、家族や友人、隣人の死と破壊も正常に受け入れなければならない。 もしそうなら、人類の進化は後退しているようで、それがまさに集団主義が成し遂げようとしているのです。

これにより、非行の結果がもたらされ、このような状況下では、その結果は常に暴君の裁量によるものです。 今まで起こったことは、どの国や国にも自信を持つという愚行を誰にでも見られるはずだ。 封鎖と検疫から始まったことは、廃業、失業、極度のストレス、供給ラインの混乱、不足、商品とサービスの価格上昇(インフレ)、そしてもちろん経済の混乱につながった。 その結果、貧困、絶望、飢餓が増え、この買収の次の段階が始まった。 この時、国民は全体主義の本質を認識すべきだったが、残念ながら従順で消極的であり、世界が滅びるのを見守っていた。
壁に書かれた文章を見るためには、危険とは関係なく、真実を探して受け入れなければならない。 現実から隠れることに賛成する真実を避けるために、他の誰かが物事を「修正」してくれることを願って、まさに彼らが支配しようとしている人々の中で、全ての独裁的な支配者がまさにそれだ。 この買収クーデターのタイミングは、マスタークラスが何十年も計画されてきた独裁的権威主義に対抗するには、一般大衆が怖がり、依存し、無関心すぎることを完全に知っていた事実に基づいていると、私は表明した。 この時期は天才的でした。なぜなら、大衆が望む通りに行動したからです。

「Covid-19」のようなものは実際には存在せず、特定されたこともないが、本当のパンデミックである本当の脅威はちょうど良い時期に保留され、今年初めに「ワクチン」のパンデミックがリリースされた。 ワクチンは生物兵器であり、いわゆる存在しないウイルスの変異体は致命的な「ワクチン」の結果である。 言い換えれば、ワクチンは伝染病であり、自発的に注射を受けた人は皆、この段階の伝染病の犠牲者になるだろう。 これらの接種(ジャブ)による死者が前例のない数に達しれば、このような危険な調合物を飲むという愚かさに屈しない残りの社会は非難されるだろう。 事実上、注射を受けたかどうかに関係なく、全て犯罪国家の標的となるだろう。 予防接種を受けたグループは病気で死に、予防接種を受けていないグループは国によって狩られるだろう。 だからこそ、予防接種を受けていない人々とワクチン接種を受けた人々を対抗するために、この社会はすでにステルスによって分断されているのです。これは、両グループの支配を強固にするための不吉な陰謀です。

これはファシズム、マルクス主義、共産主義のすべての要素を一つにまとめた共産主義的買収の試みです。 この地球上の住民にとって史上最も危険な時期である。なぜなら、それは、トップに「エリート」少数がいる一つの技術的に管理されるシステムに転換するために、全ての人をグローバル化させようとする試みであり、残りは政府を含む彼らの執行者と企業パートナーであるからだからだ。プロレタリアートとして名を馳せる  

この「パンデミック」はミステリーウイルスに関するものだと考えられているが、ウイルスの物語は単に本物の議題を達成するための道具にすぎないため、それはそうではない。なぜなら、それは人為的な気候変動という愚かさを通じて市場に出回る「持続可能な開発」という名目に基づいているからだ。 これは国連のアジェンダ21とアジェンダ30、クラウス·シュワブと世界経済フォーラムが記述した適切な名称の「グレートリセット」アジェンダで完全に概説されている。 実際、それはただ一つの目標に過ぎず、それは全体のグローバルガバナンスと普遍的なコントロールを達成することです。 この事業で成功するためには、数億人、あるいはおそらく数十億人が殺される必要があるだろう。 「ワクチン」は殺人の道具なので、どんな犠牲を払っても注射を避けることが不可欠です。

これは新しい脅威ではないが、国民の無知と無関心、準備された分裂、弱さと国家への依存、逆境に直面した臆病さに合わせて、この時期に発生するように慎重に操作された。 この「ワクチン」は悪と犯罪の支配者にとって成功の鍵なので、この魔女を連れて行く人が少なければ少ないほど、人類を滅ぼそうとするこの凶悪な試みに対抗できるだろう。 私たちの唯一の希望は、不従順であり続け、あらゆる命令に従わず、大衆の自発的な協力によって独裁権を握った現在の統治体制を廃止することです。

「愛の反対は憎しみではなく、無関心です。 芸術の反対は醜さではなく無関心です 信仰の反対は異端ではなく無関心です。 そして、人生の反対は死ではなく、無関心です」
~エリー·ウィーゼル~1986年10月27日、USNews&WorldReport。


ソースリンクおよび参照リンク:

mRNAの「ワクチン」であるサイレント兵器https://www.lewrockwell.com/2021/08/no_author/mrna-vaccines-the-silent-weapon/

Covid-19と呼ばれる現存しないウイルスhttps://www.lewrockwell.com/2020/10/jon-rappoport/covid-the-virus-that-isnt-there-the-root-fraud-exposed/

持続可能性と超大流行https://www.lewrockwell.com/2021/09/no_author/sustainability-and-super-pandemics-the-connection/

アジェンダ21https://www.postsustainabilityinstitute.org/what-is-un-agenda-21.html

アジェンダ2030:世界共産主義が解き放たれたhttps://sustainabledevelopment.un.org/content/documents/21252030%20Agenda%20for%20Sustainable%20Development%20web.pdf

「Covid」は殺人に等しい:子供は次にいるhttps://www.garydbarnett.com/covid-equals-murder-the-children-are-next/

Covid-19「ワクチン」:スローモーション大量虐殺生物兵器https://principia-scientific.com/covid-19-vaccine-a-slow-motion-genocidal-bioweapon/

__________________________________________________________________________________________________________________________

ベスト·オブ·ゲーリーD. バーネット

LewRockwell.comの許可を得て転載

著作権©2021年LewRockwell.com

全部または一部の転載許可は、全面的な信用が与えられれば、喜んで与えられる。

https://ascensionavatar.wordpress.com/2021/09/19/gary-d-barnett-inflation-poverty-starvation-economic-collapse-fascism-marxism-communism-and-murder-our-new-normal/