image


ゲーリー·D·バーネット:「私たちの中の本物のテロ犯の手に渡る」
 
2021年9月21日

人間の本性は、いわゆる気まぐれで、無関心、理解不足、真実に対する無知と結びつくと、致命的な組み合わせになり得る。 それは、現在社会に蔓延している全体主義に基づく統治体制において、今日ほど明らかではない。 このような悲惨な状況の中で、国民は自らの手で、国家官僚のカバルに対する自発的な服従によって、自らの不幸と自由の喪失を招いたことに気づくべきだった。

これは飲み込みやすい錠剤ではなく、縛られた鎖から逃れるために飲み込まなければならない。 「真実はあなたを自由にする」という言葉は先見の明があり、特に今日私たちが巻き込まれたような邪悪な陰謀がある時に真実に聞こえる。 今回の違いは、この陰謀が最終局面を迎えることを意図していることです。そこでは、ほとんどの人が真のテロ分子、政府、その支配者、パートナー、そしてそれを阻止するために何もしない人々の支配下に置かれることになるのです。

もちろん、政府と警察、軍執行官、中央銀行、ビッグテック、主流メディア、医療·製薬業界の企業スポンサーは、今日では間違いなくテロ犯であり、あらゆる面で非難されるに値するが、問題は彼らだけだろうか。 政府は常に腐敗し、独裁的で、殺人的で、権力と支配を積極的に求めてきた。 これは常識であるべきであり、たとえ盲目的な無知がこの現実を理解するのに邪魔になっても、ある時点でその結論に達しなければならない。

だから、私たちが直面している本当の問題を見て、それがどこにあるのかを責めることが不可欠です。自分の命と自由のために立ち上がることを拒否し、その過程で意図的であろうとなかろうと、他の人々に対する国家との共謀者になるのです。 これには、ほとんどではないにしても、この国の従順な大衆の多くが含まれます。 自分の行動は、いわゆる公共の利益のための「犠牲」であるかのように見せかけて言い訳するのは簡単だが、それは純粋な共産主義的なケシの鶏にすぎない。

完全な支配権を得るためのこの陰謀の大部分は、精神的にも肉体的にも極端な操作に基づいている。 この操作は、ほとんどの場合、管理対象者の間に分割を作成することによって達成され、この「ウイルスパンデミック」詐欺の時ほど明らかで成功したことはありません。 現時点では、誰もが他の誰に対しても反対しており、まさに「マスター」クラスが求めていることです。 非常に残念なのは、自由志向の人々でさえ、微妙な意見の相違について戦い、議論し合い、些細なことに巻き込まれ、その過程で「コヴィッド」アジェンダの前進に貢献していることだ。 このような行動の結果、実際に自由を信じる人々は、テロが続く間、国家に対抗する代わりに互いに戦い合う時間を無駄にしている。 分裂が多ければ多いほど、国家が勝つだけでなく、全てを支配しやすい。

恐怖戦術が使われているにもかかわらず、これは「ウイルス」ではなく、全ての通貨システム、全ての財産、全ての人々をグローバルに支配するために社会を共産主義的に乗っ取ることです。 国民がすぐに反対しなければ、権力ピラミッドの頂点に立つ少数のエリートが運営する複雑な技術主義体制の構築が最終ゲームとなる。 パートナーと執行者のマスタークラスとその随行員、そして致命的な生物兵器である「新型コロナ(コビド)ワクチン」によって実を結びつつある大量虐殺攻撃後に残された全ての人々の奴隷(スレーブ)クラスの2層システムが求められている。 新しい接種(ショット)、新しいブースターは、人類の棺おけにもう一つの釘になるだろう。

 これは理論ではなく巨大な陰謀であり何十年も前から計画されてきた陰謀です 。長年にわたる世界的な支配獲得の試みに失敗した後、最近では9.11テロと呼ばれるクーデターと内部の仕事が成功の危機にひんしている。クーデターは現在の生物兵器による人類への攻撃の舞台となった。 死と殺菌による過疎化はすでに進行中であり、それを阻止する唯一の方法は、反撃しようとする人々の分裂と内紛を排除することです。 集団主義の集団心理を避け、自由の圧政的な敵に対して個人として団結し、反対し、反抗し、あらゆる命令にノーと言う。

国家の肩を持つことを選択する者は捨てなければならず、自由のために戦う意思のある者は分裂の落とし穴を避け、政府を解体するために協力し、この国家から分離しなければならない。 テロは様々な形で発生するが、国民は彼ら自身の最大の敵であるため、完全に従う人々、隣人に対抗して「偉大なリセット」を達成しようとする試みを止めるために国家に対抗しない人々が問題であり、国家テロ犯の目標達成を助けている。

では、本当のテロの脅威は何でしょうか? この政府、そのパートナー、国家の課題達成を積極的に支援する人々、そしてそれを阻止するために何もしない人々です。 自分の人生と自由に関しては、無関心と臆病は弁解の余地がない。 弁解の余地は全くない!

「どの政府も、市民に十分な情報を得てほしいと思っていません。なぜなら、市民が十分な情報を得て、自分で考え始めると、政府は何もしないからです。だから、政府という概念自体が地球上から消えてしまうからです。 政府や国家の存在そのものは、国民の愚鈍さに基づいている。大衆が愚鈍であればあるほど、政府は強力だ」



~アビジト·ナスカ、大胆に正義を訪れる: 無言の受刑者https://www.goodreads.com/work/quotes/86561164

https://ascensionavatar.wordpress.com/