坂本花子

2020 年6月15


世界中の国々は、米国、中国のように共和国です。しかし大半が名だけの共和国です。中国は独裁的な共産主義を共和国と偽善的に呼んでいます。また、アメリカは共和国ですが、実際はハザール人がバチカンと英国王室を操り、米国はこれらの株式会社であったこと、そのためにアメリカ人の全ての税金はそこに流れていた。

本当の独立した共和国ではなかった。アメリカ人は騙されていた。そのことを知った、Qグループと呼ばれる良識米軍を含む者達が、今、米国を真の人民のための共和国に戻そうとしています。その戦いが今、背後で起こっている最中のようで、それはコロナウイルスのロックダウン中に日本でも垣間見られた。

6F404DE2-3EBD-43EB-AFD6-722DC8AEAEB0

その事件は日本に住んでいた「黒い法王」の死の形として現れた。彼は処刑されたと言われている。イエズス会総裁を務めていたアドルフォ・ニコラスはハザール人。イエズス会は「イエズス会はユダヤ人の集会です...イグナティウス・ロヨラはイエズス会をカトリック教会の好戦的な腕として設立し、タルムードのあるルシフェリアンの陰湿な議題を実行しました。」(https://beforeitsnews.com/christian-news/2020/06/donald-trump-signs-10m-holocaust-brainwashing-bill-while-america-burns-and-people-starve-great-educational-videos-for-people-that-are-interested-in-learning-the-truth-2586515.html)

アドルフォ・ニコラスが退職後日本に住み続けたことは、偽ユダヤ/ハザールの中心であるイエズス会が日本と日本人を秘密に操作するためだったことは明確である。

これらが、西欧ではキリスト教、アラブ世界ではイスラム教を、日本とアジアでは寺、寺院で仏教を支配し、操作している。

民主主義、共産主義、社会主義etc,全てはハザール人が人類を支配するツールとしての政治的システムの創造です。

時代外れの日本は、英国のように、天皇とか、王室の神権政治です。民主主義とはうわべだけで、日本の富の大半が天皇のマスクの下に隠され、ハザールに所有されている。この点、天皇は森を隠す一本の木でしかない。日本のシンボルとはその意味が込められている。従順な日本人を騙す子供騙しのツールである。日本人は何も知らない無知な従順な奴隷として扱われている。このようにして、日本は法的にも当て付けで、シンボル天皇と言うおかしな言葉が使用され、憲法の上に、国民にとって全く必要のない時代遅れの帽子のようにチョコンと乗っかり、すべてを所有している詐欺組織です。西欧、世界の歴史、さらに聖書まで嘘で書き換えたと言われるハザール人が、日本の歴史も改竄しないはずはありません。

これからは天皇、天皇と騒ぎ、従順に思慮なく作り話かも知れない歴史を受け入れる前に、何かする必要があります。

英国でさえも、ここ数週間、英国の王室に関する幾つかの奇妙な記事が出ていました。英国王室では、エリザベス女王を始め王族一族がもう、数代も偽の王室であることがバレています。そこで、本当の英国の王という「ジョセフ・グレゴリー・ハレット、ジョン3世」と言う人物が出てきました。

9C4A0340-E481-443B-9DC6-74B8634EDC15

ジョセフ・グレゴリー・ハレット、ジョン3世はゲームの一部ですか、それとも本当ですか? -パララスヴェッター、202064https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/06/is-joseph-gregory-hallet-king-john-iii.html

77A03D35-A956-46A9-A4C2-E791A8548A1B

それが正当か本当か、どうかにかかわらず、現時代に、どこの馬の骨とも分からない人間が、正当な書類があると言って出てきて、英国王室の全財産(巨大)と権利を要求するそれについて反応的な記事が幾つか続きました。「ナニー国家はもう嫌だ!」でした。これは大半の英国庶民の本音かもしてません。


三次元の王様や天皇が全てを所有し、戦争や死と隷属を国民に約束していた全能の時代ではもうないと言うことです。これらの者が国民を独占する親のように振る舞って、国民と国のの運命を一人で決め、法律を作り規制、検閲をする、そんな時代はもう過ぎ去ったと言うことです。

これからは、選挙で政治家を選び、これらが日本の全てを決め、市民は何もしないでテレビの前でこれら代理人の行動を見ている。不満足も飲み込み、嫌でもこれらの作った決定事項に従順に文句も言わないで従う。大多数の決定を重んじ、少数派は完全に無視する。少数派に大多数の決定を強引に押し付ける民主主義と言われる不自然な政治システムに従う時代も過去のものになるだろう。民主主義とは「大多数」の決定で動き「少数派」は完全に無視される不完全な政治システムです。

しかし、共和国(本当の)は全ての人間に権利があるシステムのようです。

これからは、市民はテレビの前で、選ばれた政治的役者の納得のいかない行動、言語を監視したり、のんびり見ていないで、市民各々が政治的役者になり、今まで市民からハザール人のために税金を集める役目を担うことが主な役割だった「市役所」を市民の集会と行動の場として取り戻し、多くを市民集会で決める時代がやってくるだろう。または「テレ集会」と呼ばれてネット上でも集会ができて決めることもできる時代になる。

市役所=市の役所=市民から税金を取る役所と言う嫌な呼び名も「市民の家=市民の集会所」などに変えた方がいい。

また、天皇に関しては、「日本には天皇が必要である、彼は神社の神主であり、神の神事をする‥」これも三次元的観念であり、神が自分自身の中にいないで、外にいる。だから神社(外に)行って祈る。しかし、5D的には、神は自分の中にある。だから神社に行ったり、寺の坊主の前で祈る必要はない。この観点から見ると、もし、日本にこのような用事をする天皇が必要だと言う人口が多いのなら、日本は残念ながら、スピリチュアル的に遅れた人口とも取れると解釈できる。

このように、天皇、王、議員などが市民の代わりに全てを決めるのではなく、またそれらのシンボルなど必要なく、市民自身が参加して全てを決める時代になっていくだろう。その流れはすでに起こっている。フランス、ヨーロッパ、香港世界中で起こり始めていたが、ハザール/グローバリストが危険を感じて、偽のコロナウイルスで、自宅監禁させることでストップさせた。

しかし、コロナウイルス後、その人類の自由解放の炎はもっと大きくなっていくだろう。


以下の記事は我々が長い間信じさせられてきた「民主主義:デモクラシー」と、全ての人間の存在を保証する「共和国」の違いを説明する興味深い記事です。


62AE17CD-14B5-4DBF-8BE0-F93BC7625708

たった2種類の政府-Thinker2

  

開示作戦(Operation Disclosure)| Thinker2

2020614


2つのタイプの政府の違いを認識するのがなぜそれほど難しいのか?


1.トップダウン政府(上から下への政府)


  • 神権政治
  • 君主制
  • 独裁
  • 民主主義(誰かが暴徒を率いているのでトップダウンです)
  • 名前のみの共和国(RINO
  • ファシズム
  • 封建主義
  • ボルシェヴィズム
  • 共産主義
  • 社会主義
  • 進歩主義


2.ボトムアップ政府(下から上の政府)


  • 国民共和国、国民による、そして国民のための


トップダウンの政府では、人々は政府のしもべ/奴隷/サーフイン(連邦準備プランテーション/警察国家/封建主義)です。


ボトムアップ政府では政府は国民のしもべです。結局、私たちは彼らのサービスにお金を払っています(私たちは国民が政府を雇用しています)。


トップダウン政府の法の支配は二重の基準です(私たちは規則を作り、あなたはそれらに従います、または私たちはあなたを殺します)。


「ルールはあなたのためであり、私のためではありません。」


ボトムアップ政府の法の支配は黄金律です(あなたが自分自身にしてもらいたいことを他の人にしてください)。


「法の下の平等な正義。」


二重基準を実践する人は誰でも、イエスが偽善者と呼んだものです。偽善者は誰かを犯罪者と呼ぶ丁寧な方法です。


アレイスター・クローリーは自由主義者、偽善者、そして犯罪者でした。 「あなたが律法全体になることをしましょう。」 (無法/不道徳)


人々が自由であり、政府が人々のために働いていることを私たちが知っている政府の形態は1つだけです。他のすべては偽善者、嘘つき、および犯罪者によって語られた嘘です。


それはできるだけ明白でなければなりません。 「誰がグラントの墓に埋葬されていますか?」


そして、あなたが忘れた場合:Govern-ment = Govern-mentis (Latin) = Govern-(mind, thought, thinking, belief) = Mind-control

統治=統治-メンティス(ラテン語)=統治-(心、考え、考え、信念)=マインドコントロール


注意:民主主義は暴徒による支配であり、暴徒を操縦するリーダー(最も多く話す人)が常に存在します。 ジョージ・ブッシュ・ジュニアが繰り返し続けた方法を覚えていますか。「大量破壊兵器」。 政治家は常に彼らが「広がる民主主義」であると主張している。それは彼ら(政治家)が常に暴徒(モブ・ボス: Mob Boss)を率いていきたいからである。 リンチと異化はどちらも民主主義の哲学に基づいています。 共和国はこれらの犯罪をゴールデンルールで抑制しています。

62AE17CD-14B5-4DBF-8BE0-F93BC7625708


平和と愛と祝福


Thinker2 Thinker2 他の投稿へのリンク



https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/06/only-two-types-of-government-thinker2.html