坂本花子
7月18日
 以下の記事はN.モーガンの南アメリカの奇妙な木の記事です。「歩く木」です。何か人間のようで好感が持てます。

EE57EA5C-4EDF-4C47-9B31-D72A6C40BD5C

エクアドルの「歩く木」は年間最大20メートル移動するとされています


ヤシの木には非常に実在する種、Socratea exorrhizaがあり、新しい根を育ててより良い土壌への道を「回避」することができます。 ほんの少しの脇道でもありません。 これらの移動木は、年間約20メートル移動できます。


Socratea exorrhizaはおそらく世界で唯一の可動木です。 彼らは、その複雑な根系が足としても機能し、季節の変化に応じて木が太陽光に向かって常に移動するのを助けると言います。ウォーキングツリーは、1日あたり最大23 cm、または年間20メートル移動できるようです。 あまり聞こえないかもしれませんが、それは木の基準によるマラソンです。


エクアドルのようなラテンアメリカ諸国の熱帯雨林ガイドは、何十年もの間、素晴らしいウォーキングツリーについて観光客に伝えてきました。ストーリーの最も一般的なバージョンは、木が新しい根を光に向かって成長させ、その古い根を消滅させることによって、太陽を求めてゆっくりと「歩く」ことです。珍しい根は、地面から数フィートの幹から分かれており、脚のある木のような錯覚を加えます。


エクアドルの首都キトから1日の旅にある、ユネスコスマコ生物圏に数か月間住んでいたスロバキア科学アカデミーの古生物学者であるピーター・ヴルサンスキーは、「土壌が侵食されると、木は長くて新しい根を育て、新しくより固い地面を見つけることがあります。」


「その後、ゆっくりと、根が新しい土に定着し、木が新しい根に向かって根気よく曲がると、古い根はゆっくりと空気中に持ち上がります。木がより良い日光とよりしっかりした地面のある新しい場所に移動するプロセス全体には、数年かかる場合があります。」

動画Luna Nueva Farm Costa Rica walking palm tree


ウィキペディアによると、「ジョンH.ボドリーは、1980年に、別の木が苗の上に落ちてそれを倒した場合、実際に手のひらが発芽点から離れるようにできるようにすることを提案しました。そのようなイベントが発生した場合、手のひらは新しい垂直の高床式の根を作り、それから元の根が腐ってしまいます。」


当然のことながら、ほとんどの科学者はウォーキングツリーが実際に移動できるとは考えていません。 2012年のライブサイエンスの記事によると、「太陽を求めて歩く木は、魅力的で奇妙な物語です。悲しいかな、それは真実ではありません。木は十分にリアルですが、歩きません。それはそれが発芽した場所に座っており、風(または斧)の力の下以外では動かない。」


生物学者であり、コスタリカの持続可能な開発研究センターの所長であるジェラルド・アバロスは、ソクラテアexorrhiza種に関する世界のトップ・エキスパートの1人です。そして彼は、2005年に彼が行った広範な分析に基づいて、ウォーキングツリーが実際に歩くことができないことに同意します。「私の論文は、ウォーキングパームの信念が単なる神話であることを証明しています」と彼はLife’s Little Mysteriesに語りました。


「実際にヤシの木が林床をゆっくりと移動することで、キャノピーの光の変化を追跡できると考えるのは、観光ガイドが熱帯雨林に訪問者を案内するのが面白いという神話です。」


神話であろうとなかろうと、ウォーキングツリーはエクアドルを訪れる観光客を魅了し続けています。

652A7347-A891-405B-AAEF-C56289107BD1

参照:

https://www.odditycentral.com/news/these-walking-trees-in-ecuador-can-allegedly-move-up-to-20-meters-per-year.html


https://youtu.be/CsluhSBGFF0


N.モーガンによる寄稿