坂本花子

726

コロナウイルスは、地球同盟から子供と人道に対する犯罪のクリーンアップを行うためのカバーとして使用されます。現在世界中に起こっている地震の中には、軍による子供救済特殊部隊が地下トンネルから子供達を救済し、その後地下トンネルを破壊していると言われています。これは米国、ヨーロッパ、オーストラリア、そして数年前に日本で、熊本の地震の際に地下基地から子供達達が救済されていたということです。

その間に、米国のトランプ政権は5Gの危険性から米国での設置禁止を決定していますが、日本には日本国民を守るトランプはいない。その反対に、コロナウイルスの恐怖をテレビで煽り続け、この秋にはマスク強制で日本人総コントロール下に置く魂胆が丸見えです。この6月に日本政府は4G5Gに変換できるように、日本名のグローバル大企業に大々的に経済支援に乗り出した。


 「総務省は20206月、23年度末までに携帯各社が整備する5G(第5世代移動通信システム)の基地局数を、当初計画の3倍となる21万局超に引き上げる目標を公表した。209月までに既存4Gで利用する周波数帯を5Gに転用できるように制度改正し、携帯各社の5G基地局整備を促す考えだ。ソフトバンクとKDDI5G基地局整備の大幅前倒しを表明する一方、慎重な姿勢を崩さないのがNTTドコモだ


コロナウイルスロックダウンで日本人に支援として、たった一度の支払いと、日本人の中小企業は破壊されているが、グローバル企業には5Gに関する日本人の懸念に反して大規模に援助し続けている。これは続行中のカバルグローバリストの計画通り、日本人の経済を完全にコロナウイルスで撲滅し、彼らのグローバル企業だけが残る計画。

これは5Gの危険性とコロナウイルス症状を起こすという、世界中の多くの科学者の警告が出ているにもかかわらず、さらに今年、中国で5G設置始動時に23千万人の死者、エクアドルでの莫大な死者、etc…があったにもかかわらず、日本政府はこの5G設置計画を押し進めるということは日本人と人類に対する大罪である。

それに賛成する政治家、議員は国民を代表していない。彼らの主人はディープステート-カバルマフイアであることは明白になる。

世界中で5Gとコロナウイルスの関連動画はYouTubeによって削除され続けている。日本でも k33リポートの「エクアドル」で5G設置時に起こった大量死のビデオは2万人以上見られた後にYouTube(日本)から削除された。このチャネルの多くの動画は次々とYouTubeから削除され続けられている。同じことが世界中のYouTuberに起こっている。米国ではTwitter(これもYouTubeと同じくgoogle と同じ会社で米国で訴えられている)から全てのQアノン投稿が削除された。言論の自由が尊重されていない。カバルハザール偽ユダヤマフイアは生き延びるために必死である。

コロナウイルスで明白になったことは日本人の洗脳の度合いである。少数の覚醒した人々を除く大半の日本人の本当の正体である。簡単に洗脳される人々の魂は幼い。メクラで真実が見えない。本当の叡智がない。第二次世界大戦、etcでのように、またディープステート政府に騙されて戦争に引き釣り込まれる、原爆を落とされる、

ディープステートカバルのテレビやメディアで洗脳されることは、これらのネガティブな波動に共振することにより、ネガディブな波動を引き寄せる。国規模で不幸なイベントを引き寄せる。引き寄せの法則は国規模でも発動される。

ディープステートのテレビ、彼らが主人である傀儡政府に洗脳され、5Gという屠殺場に喜んで入っていくのか、または本当の知能指数のある人間(ディープステート大学の無価値の卒業証書ではなく)として覚醒し、真に日本を変えていく気概、勇気を見せるのであろうか?

しかし、今、マスク洗脳の真っ只中にある日本と違って、世界では人々が次々と覚醒し、洗脳を拒否し、下の記事のように世界中のカバルマフイアの地下トンネルから誘拐された子供達を救済しいている。


オーストラリア、メルボルンの深層軍事基地(D.U.M.B.s)は世界で最悪の1つです。)


開示作戦(Operation Disclosure)| パラ・カスベッター

2020721


正確には何が起こっているのか? なぜ世界は変わっているのか? D.U.M.B.sの大幅な洗浄


D.U.M.Bとは何か? 深い地下の軍事基地。


DUMBS(地下トンネル)は撤去されており、多くの人身売買ネットワークは配布手段を失っています……… 犠牲者。」 〜調査独立ジャーナリスト、エラ・スター


https://sarahwestall.com/war-w-criminal-cabal-happening-now-escalating-trafficking-dumbs-clearing-out-ongoing-operations/


今、カバルマフイアの犯罪/戦争が起こってエスカレート:DUMBSの人身売買の清算、進行中の作戦

https://youtu.be/pAeCI2za5kU

15541B92-DD9A-41F0-83DF-CFE3C99E5443

https://youtu.be/pAeCI2za5kU


7.07 / 49.02にインタビューが始まります(インタビューで写真も表示されます)


「調査の独立ジャーナリスト、エラ・スターは、犯罪者の陰謀団と人身売買ネットワークとの拡大する戦争について議論するプログラムに参加します。 彼女は、DUMBS(地下トンネル)がどのように除去され、多くの人身売買ネットワークが配布手段を失っているのかを説明します。 彼女はまた、現在、最悪の人身売買活動を終わらせ、犠牲者に安らぎと安心を与えることを目的とした軍事力の増強が起こっているという説得力のある証拠を示しています。 彼女の調査作業の詳細はhttp://EllaSter.nlで見ることができます。 Ella Sterとの独占セグメントを参照して、ヨーロッパで最大の犯罪人身売買ネットワークの1つに対する彼女の最近の調査努力について話し合ってください。」


ACPolitics#GeneDecodes18 #ChrissyTeigen #DUMBsを満たしています

https://youtu.be/4Fiea09RBmg 
 

74D93C56-EEEA-4953-BA41-859D9D304C8F

https://youtu.be/4Fiea09RBmg


51分にマーカーはオーストラリアのメルボルンのトンネルについて話します。


「オーストラリアのDUMBS ...そして、彼らはメルボルンを片付け始めています...最悪のものは、6か月かかった片付けです。昨年の10月末に始まり、6か月かかってとても悪かったのです。メルボルンは今のところ最悪で、テントを張って夜間作戦をしているだけだと彼らは言います。 ..オーストラリアは地球上で最悪の場所の1つです...最悪の最悪.....


Covid-19は、子供と人道に対する犯罪のクリーンアップを行うためのカバーとして使用されます。


「メルボルンの下のトンネル...メルボルンの下のいたるところにトンネルが走っている可能性を発見して驚いた」


https://www.onlymelbourne.com.au/tunnels-under-melbourne


...カバルの目標は....人々が捕まる前にグローバリストがどれだけ逃げることができるか、あるいは自分自身を守ることさえできるかを知るために.......クリティカルマスを目覚めさせるには何が必要かと思う....」〜SOTN


http://www.fourwinds10.com/siterun_data/environment/humans/fire/news.php?q=1543077408


「彼らは何を最も恐れていますか?公の目覚め。」 Q


「不正を蒔く者は誰でも災難を刈り取り、彼の怒りの杖は失敗するでしょう。」 〜箴言228


「彼らは彼らのやり方の果実を食べ、彼らの計画の果実で満たされるでしょう。」 〜箴言ー1:31


「彼らは風をまき、旋風を刈り取って……」ホセア83-8


「世界があなたに提供しなければならないすべてを手に入れ、あなたの魂を失うことは、あなたが何も得ず、すべてを失ったことを意味します。」 〜エリヨン


「彼の魂を失った彼は……世界を獲得するために、彼自身のために非常に悪い取引をし、そしてようやく言い表せない敗者に座るでしょう。 .....彼が自分で約束した利点の代わりに、彼はすべての意図と目的に破滅し、取り返しのつかないほど壊れています。」 AutumnWynd777


「信頼できないものはもはや存続できません。私たちが本当は何者であるかと一致していないものは、ますます握ることが難しくなっています。ラグが引っ張られています。財団は崩壊しつつあります。時々、塔は落ちなければならない…..」〜レベッカ・キャンベル


「魂にはフェイルセーフのメカニズムがあります。物事が一定の抑制レベルに達すると、それがアクティブになり、グローバルなアクティブ化が行われました。」 〜ジェームズ・ギリランド


パラカスベッター

*「哲学」*作家*オラクル*精神*創造的


para@solancevoyagegallery.com.au


SòlanceVoyageギャラリー

Sacred Whispers」「Sacred Journey」「Spiritual Quest

生命の神聖さを解き明かす巡礼。


www.solancevoyagegallery.com.au


https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/07/deep-under-ground-military-base-found.html