A4760BAD-5419-42FE-A643-37356B14956F
(マスクは貴方を保護しない。これらは服従のしるしです)

坂本花子

817

以下の記事の冒頭の寝てもマスクをかけるという洗脳ぶりを示した、日本人カップルのマスク写真のように(この頃外国でマスクに関する記事が出ると、日本人のマスクをかけた写真が出ている。彼らが日本人のテレビ洗脳ぶりと考慮の欠けた従順主義傾倒を問題視しているようだ)皆がマスクをかけているから自分もかけると言う、自分では考えることをやめた追従主義、精神がこのコロナウイルス期間に世界の目前で明らかになっています。

これはマスクをかけた大半の人々が知らないうちに、自分で考えることをやめ、奴隷生活を強要するグローバリストへ降参し、跪いた奴隷精神集団になったと言う証でもあります。

以下の記事で低酸素症-血栓リスク研究で 明らかになったことは、マスクを着用することは、感染しているかどうかに関係なく、重要な酸素供給を遮断します。

マスク着用はグローバリストによる人類の計算された分割統治戦略であり、その間、市長、知事および他の力を渇望する高官は顔おむつまたは顔のおむつを身に着けていない、それらのためのあらゆる種類の違憲で不条理な脅迫と罰を展開しています。

マスクは、すべて設計上、人々の間で互いを対立させる問題になっています。この偽のパンデミックは、権力を掌握し、人々を恐れさせ、お互いの喉に押し付けるために、冷たく見事に計算されています。人々はNWO(新世界秩序)の他の側面に焦点を当てるのではなく、人々は仮面をめぐって自分自身と戦い、そうすることを拒否する人々は、「無礼」と「無責任」であるとして攻撃されます。


B36D1BA6-1DE6-4F71-9199-4B09822DA41A

研究はフェイスマスクが低酸素血の凝固を引き起こす関連を明らかにしている


2020815


出典:The Freedom Articles |マキア・フリーマン

2020723


マスクは被害の原因である:研究は、マスク・低酸素血クロット接続を明かす


一目見ただけで... 


ストーリー  2018年に研究は深刻な低酸素血液凝固接続を示した。低酸素症は酸素供給下にあるため、マスクを着用すると、一部の人にとって深刻な、または致命的な健康問題につながる可能性があります。


暗示:


 20205月のCDC調査(WHOの関与による)でさえ、マスクはインフルエンザの感染を止めるのに効果的ではないと結論付けた今、人々はマスクの着用と自分の奴隷との協力をやめる必要がある証拠がどれほどあるのでしょうか?


2018年の研究では、低酸素と血栓のつながり(マスクによって悪化)が強調されていますが、20205月のCDC研究(WHOの関与もあり)は、マスクはインフルエンザの感染を防ぐのに効果的ではないと結論付けています。


深刻で潜在的に致命的な低酸素症と血餅のつながりが、


低酸素症がプロテインS発現をダウンレギュレートするというタイトルの科学的研究によって発見されました。


20187月に発表されたこの研究では、低酸素症(低濃度の酸素)が天然の抗凝固剤である血中のプロテインSをどのように減少させるかについて説明しています。これは、血栓症または血栓の発生のリスクの増加につながり、そのいくつかは生命を脅かす可能性があります。この研究は、低酸素症が分子的原因を介して血栓リスクを増加させる可能性があることを研究が示したのは初めてだったという点でユニークです。マスク着用ルールの世界的なアジェンダは、多くの国で違憲で違法であるだけでなく、一般住民に大量低酸素症を引き起こしています。低酸素症と血餅のリンクに加えて、低酸素症は疲労、頭痛、吐き気、認知機能障害、低エネルギーレベル、免疫力の低下を引き起こし、集団に大きな損害を与えます。一方、多くの管轄区域では、引き続きマスクの委任を展開しています。最近のCDCの研究でさえ、マスクは効果がなく、インフルエンザ感染の有意な減少をもたらさないと結論付けさえしたという事実にもかかわらず、さらに、マスクの義務で引き続き違反しています。職場のガイドライン(米国のOSHA規格など、従業員の許容酸素レベルは常に19.5%以上でなければならない)


低酸素症-血栓リスク研究


は、プロテインSが主要な凝固タンパク質である第IXa因子を阻害するため、天然の血液抗凝固剤であるという事実に基づいています。これは研究の要約からです:


「プロテインSは主に肝臓で生成されるため、研究者チームはヒト肝癌細胞を通常の酸素および低酸素状態で培養し、その後タンパク質のレベルを測定しました。彼らは、低酸素症の増加がPSを低下させるだけでなく、低酸素症を引き起こす遺伝子をオンにするタンパク質も大幅に増加させることを発見しました。これは、タンパク質、低酸素誘導因子1がプロテインSを調節する可能性があることを示唆しており、研究者はこれをマウスモデルの生化学的および遺伝的アプローチを通じて確認しました。」


この研究では、O2レベルが15%になると(通常の21%ではなく)、プロテインSのレベルが50%低下することがわかりました。オレゴン反対者による非常によく引用された記事「マスク、低酸素症、および血栓の間の致命的なリンク


この研究を推定し、その影響を説明します:


「血液酸素化の5%の低下は「異常」と見なされますが、15%の減少は顕著な症状を引き起こします。これらには、頭痛、めまい、吐き気、および認知障害が含まれます。外科医でさえ、単にサージカルマスクを着用するだけで、低O2および関連する症状に苦しむことがあります。海面では、私たちが呼吸する空気は21%の酸素です。パイロットが悪影響を被る可能性のある高地は、5,000フィートから始まります。N95マスクは、その高さでよく着用される日食です。O220%削減することはよく知られており、6,000フィートの16O2をシミュレートします。N95は同様に低い酸素飽和度をシミュレートするので、これは、マスクを着用すると、血栓を防ぐ自然な能力が50%低下する可能性があることを示しています。これには潜在的に深刻な影響があります。「血栓covid」をウェブで検索すると、ウイルスによって引き起こされた血液凝固とそれらの患者に対するその致死性に関する多くの記事が返されます。6月下旬、ユタ州の研究者たちは、血小板の過敏性がCOVID-19凝固の原因であることを発見しました」


それについて少し考えてみましょう。ロバート・ヤング博士などの一部は、COVIDは血液凝固であり、本質的にウイルス性ではないことを提案しています。それは鶏と卵の状況ですが、低酸ー素症がCOVIDにつながるか、COVIDが低酸素症につながるか、または互いに下に栄養を与える下降サイクルを開始するかどうかに関係があり、それがCOVIDは新しい明確な疾患です(広範囲のあいまいな症状とSARS-CoV-2Kochの仮定に失敗したため、これを示すのは困難です)。これを考えると、マスクを着用することは、感染しているかどうかに関係なく、あなたは重要な酸素供給を遮断します。オレゴン反対者は続く:


COVID-19のケースを乗り越えて「他人を保護する」ためにマスクをかけ、本質的に自殺する人々を想像します。一般市民の血栓リスクを意図的に増加させることで、多くの問題を特定できます。マスク強制でマスクをつける。すでに何百万もの人々が、生き続けるためだけに抗凝血剤を服用しています。彼らのすでに低下している自然な凝固能力を妨げることは、どうしてそれが良い考えであるのでしょうか?そして、既存の凝固障害があることに気付いていない人はどうですか。職場でマスクを何時間も着用しますか?マスク、特にN95の着用によるこの非常に深刻で潜在的に致命的な副作用が、広範囲にわたる健康上の警告の対象となっていないのはなぜですか?大衆、特にCOVID-19患者に必須の低酸素症の十分に確立された血栓の危険性をまだ知らない資格のある保健当局はどうしたらいいでしょうか?」合法性や儀式的な側面にさえ入っていなくても、健康の観点からだけでは、マスク着用は低酸素と血餅のつながりのために深刻な損害を与える考えです。非常に多くの人々がこの狂気に順応するのをやめるようになるのはいつでしょうか。

F07551F1-E37D-4C14-B43F-01E812B8AF2D

CDCWHO、イベント201で計画された公式ナラティブを作成する2つの主要機関


20205CDC調査でマスクが健康な人や病気の人に効果的でないことが判明


一方、この新しい研究を見てみましょう CDCWebサイトに掲載されており、研究は「世界保健機関による非医療環境でのパンデミックインフルエンザへの非医薬品介入の使用に関するガイドラインの作成に備えて実施された」と述べています。 これは、COVIDの「パンデミック」の際に特別に設定された研究でした。結論?マスクは効果的ではありません!私は研究から直接引用します:


「私たちの系統的レビューでは、1946年から2018727日の間に発表された文献から、コミュニティでの実験室で確認されたインフルエンザウイルス感染の軽減におけるフェイスマスクの有効性の推定値を報告した10RCT [ランダム対照試験]を特定しました。フェイスマスクを使用しても、インフルエンザの感染の大幅な減少は見られませんでした。」あなたが病気で感染していて他人を守ろうとしている(感染を止める)のか、感染していないのに自分を守ろうとしているのかは問題ではありません。


「感染者が感染源管理のために着用した場合、または非感染者が曝露を低減するために着用した場合のインフルエンザウイルス感染防止におけるそれらの有効性についての証拠は限られています。私たちの系統的レビューでは、実験室で確認されたインフルエンザの感染に対するフェイスマスクの有意な影響は見られませんでした。」これらの研究はまた、人々がマスクを適切に使用するという仮定に基づいています。これは非常に寛大な仮定であり、人々が使用するその場しのぎの布マスクを考えると、それらは一般に顔の側面が十分に密封されていないという事実と人々がそれらをいじる。不適切な使用は実際には逆の効果をもたらします。感染のリスクが高まります。「不適切な使用は感染のリスクを高める可能性があるため、フェイスマスクの適切な使用が不可欠です。」


そして、エキサイティングな結論は次のとおりです。


「感染型(ソースコントロール)または一般社会の人々が感受性を低下させるために着用したときに、手術室タイプのフェイスマスクが検査室で確認されたインフルエンザの伝播を減らす効果があるという証拠は見つかりませんでした。 」ブーム。したがって、CDCWHOは本質的に、彼ら自身の言葉、または彼らが認可する言葉で、マスクはインフルエンザ様疾患には誰が着ていても機能しないことを認めています。ウェイキーウェイク、惑星地球。Ben Swannの分析をここで確認してください。マスクの脅威とペナルティは急上昇し続ける


その間、市長、知事および他の力を渇望する高官は顔おむつまたは顔のおむつを身に着けていないそれらのためのあらゆる種類の違憲で不条理な脅迫と罰を展開しています。フロリダ州ブロワード郡の当局は、人々が自分の家の中でマスクを着用することを義務付ける緊急命令を出しました。ワシントンDCの市長ムリエルバウザーは、違反に対する1,000ドルの引用を伴う強制マスク着用の行政命令を出しました。イングルウッドコロラドの当局者は、マスクを着用していないことで1年間刑務所に入る可能性がある法律を可決しました。


マスク着用:計算された分割統治戦略


マスクは、すべて設計上、人々の間で非常に対立する問題になっています。この偽のパンデミックは、権力を掌握し、人々を恐れさせ、お互いの喉に押し付けるために、冷たく見事に計算されています。ビルゲイツロックフェラー財団、またはNWO(新世界秩序)の他の側面に焦点を当てるのではなく、人々は仮面をめぐって自分自身と戦っています。そうすることを拒否する人々は、彼らに関係なく「無礼」と「無責任」であるとして、合法的な権利と彼ら自身の健康の選択をする彼らの能力を攻撃されます。最近のコメント投稿についてDavidIcke.com、彼らが世界の99.99%を奴隷に取り組んでいる本当の敵を見ることができないことを、人々はお互いに敵を作り、自分たちの中で忙しすぎて戦っていることを書きました:


「私たちは結局のところ一体であることを知っています。私はこれらの人々が私の「敵」であるように感じます、そしてそれは私が控えめに言っても本当に不快に感じます、そして彼らは本当の敵が外にいるとき私が彼らの敵であるように感じます。この映画の脚本全体を編成します。」


過去5か月で非常に多くのことが起こったので、それは本当に超現実的でした。Anthony Fauci博士が詐欺の冒頭で彼の調子を変えて議題に足を踏み入れる前に言ったことを思い出してください。


「マスクを持って歩き回る理由はありません。アウトブレイクの真っ只中にいるとき、マスクを着用すると人々は少し気分が良くなり、それが液滴をさえ遮断するかもしれませんが、それが人々がそうであると考える完全な保護を提供するわけではありません。そして多くの場合、意図しない結果が生じます。人々はマスクをいじり続け、顔に触れ続けます。」知識のない人がどう思うかとは関係なく、科学は低酸素症と血栓のつながりにより、一般の人にとってマスクの着用がいかに深刻かを示しています。政治家から医療行進命令が与えられるのはどれくらいの期間ですか。

_____________________________________________________ 

ゲスト投稿オペレーションディスクロージャーに関する記事を書いたり公開したりする場合は、エントリをに送信するだけです。



https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/08/study-reveals-connection-to-face-masks.html