坂本花子

96

以下の記事の内容を読むと、まさに世界中でこれらが実行されて来ました。このような悪魔的発想は人間ではありません。オーストラリアやニュージーランドは政府や警察の全体主義的行動にショックを受けています。先週はFacebookにマスク反対で投稿した、ある若い妊娠している女性の家庭に警察が侵入し、子供達の前で逮捕し手錠を掛け、世界中を憤慨させました。グローバリストとはナチスです。

さらに、現在地球同盟がオーストラリアとニュージーランドのカバルの深層地下基地を破壊中ですが、まだ15%だけだ、と言われています。米国は90%以上のカバルの深層地下基地を破壊したそうです。



静かな戦争のための音の無い武器


開示作戦(Operation Disclosure)| パラ・カスベッター

202093
 

静かな戦争のためのサイレント・ウェポン| David Icke(英語字幕)

https://youtu.be/pklKP80COw8

https://youtu.be/pklKP80COw8


 

02EF2E06-18CE-43F6-A58A-C4D9005A9C8A

1986年、ボーイング・エア・クラフト・カンパニーの余剰コピー機から秘密文書が回収されました。それは「静かな戦争のためのサイレント・ウェポン」と題されており、ソーシャル・エンジニアリングのさまざまな方法論を使用して人口を操作するためのマニュアルのようです。 恐怖と操作は、肉体的および感情的な強さの感覚を攻撃するための主な戦術です。 デビッド・アイクはこの秘密のマニュアルの詳細を強調して、ほとんどランダムに見えるように生成された製造原因とイベントによってどのように操作されているかを説明します。 それは大衆の注意をそらすことであり、より大きな議題の中心で実際に何が起こっているのか分からないのです。」


闇から光へ


「静かな戦争のための静かな武器」


https://youtu.be/TCl9EHlnFV8

https://youtu.be/TCl9EHlnFV8


 

DBD84A0A-2AFF-4FA3-9B7A-F07EE885AACF



トップシークレット

静かな戦争のためのサイレント武器

オペレーションズ・リサーチ技術マニュアル

TW-SW7905.1


https://www.australianpatriotradio.com/information/


「下の原稿は、IBMの複写機がDelamer Duverusのオフィスに運ばれた中古のコピー機に誤って貼り付けられて配信されました。それを読んだ後、彼は100部のコピーを世界中のトップレベルの個人に送ることにしました。


彼らは、私たちに対して行われているサイレント戦争について世界中の人々に警告することが非常に重要であると感じ、デラマーにそれを可能な限り広く公開するように促しました。


この原稿をここに発行して、オーストラリアの人々に届けます。ウェブサイトのフォーマットに合うようにテキストをフォーマットすることを除いて、それをいかなる方法でも編集していません。しかし、それでも、可能な限り元の形式を維持するように努めました。


また、この原稿は誰からも政府機関から盗まれたものではないことも指摘しておく必要があります。デラマー(Delamer)は、IBMコピー機の購入の一環として合法的にそれを入手しました。


ドキュメントはTOP SECRET…とマークされていますが、今ではその秘密は明らかにされています。なぜ私たちの世界がこのような混乱に陥っているのかを理解したいのなら、この文書はあなたの目を開くでしょう。


マイク・ホルト


https://cirnow.com.au/silent-weapons-for-quiet-wars/


「出力の短いリスト


出力制御された状況を作成します経済の操作、つまり社会の操作報酬と収入の制御によって制御します。


シーケンス:

  1. 機会を割り当てます。
  2. 機会を破壊します。
  3. 経済環境を制御します。
  4. 原材料の可用性を制御します。
  5. 資本を管理します。
  6. 銀行金利を制御します。
  7. 通貨のインフレを制御します。
  8. 財産の所有を管理します。
  9. 産業能力を制御します。
  10. 製造を制御します。
  11. 商品(商品)の在庫を制御します。
  12. 商品の価格を管理します。
  13. 管理サービス、労働力など
  14. 政府高官への支払いを管理します。
  15. 法的機能を制御します。
  16. 個人データファイルを管理します誹謗中傷した当事者は修正できません。
  17. 広告を制御します。
  18. メディアとの接触を制御します。
  19. テレビの視聴に使用できる素材を制御します
  20. 実際の問題から注意を引き離します。
  21. 感情をかき立てます。
  22. 無秩序、カオス、狂気を生み出します。
  23. より詳細な税務フォームのデザインを制御します。
  24. 監視を制御します。
  25. 情報の保存を制御します。
  26. 個人の心理分析とプロファイルを開発します。
  27. 法的機能を制御する
  28. 社会学的要因を制御します。
  29. 健康オプションを制御します。
  30. 弱さを捕食します。
  31. 力を損なう。
  32. 富と実体を浸出させます


戦略表


これを行う:

  • 市民を無知に保つ
  • コントロールへのアクセスを維持する
  • 夢中になる
  • 家族を攻撃する
  • より少ない現金とより多くを与える
  • 教会のプライバシーを攻撃する
  • 社会的適合
  • 抗議を最小限に抑える
  • 同意を安定させる
  • 変数の制御を強化
  • 境界条件を確立する
  • 適切なタイミング
  • コントロールを最大化
  • 通貨の崩壊


これを取得するには:


  • 公的機関を少なくする
  • アウトプットへの必要な反応(価格、フィードバック販売のポイント)
  • 防御を下げる
  • 若者の教育の管理
  • より多くの自己甘味とより多くのデータクレジットとドール
  • この種の政府への信仰を破壊する
  • プログラミングが簡単
  • 最大の経済データ、最小の執行問題
  • 単純係数
  • シンプルなコンピューター入力データ —    優れた予測可能性
  • 問題の単純さ/微分および差分方程式の解
  • データシフトとぼやけが少ない
  • 制御するための最小抵抗
  • お互いに対するアメリカ人の信仰を破壊する


転換、主要な戦略


経験により、サイレント兵器を確保し、国民のコントロールを得るための最も簡単な方法は、人々を無秩序に保ち、一方で基本的なシステム原則を知らないままにする一方で、それらを混乱させ、無秩序にし、一方、重要性、現実の問題に注意を向けさせないことです。 


これは、以下によって実現されます。


  • 彼らの心を解放する。 彼らの精神活動を妨害する数学、論理、システム設計および経済学における質の低い公教育プログラムを提供する。 技術的な創造性を落胆させる。
  • 次の方法で、彼らの感情を引き付け、彼らの自己耽溺と感情的および身体的活動における彼らの耽溺を増やします。
  • メディア、特にテレビや新聞でのセックス、暴力、戦争の絶え間ない集中による、容赦のない感情的な侮辱と攻撃(精神的および感情的なレイプ)。
  • 彼らが望むものを過剰に考えるためのジャンクフードを与え、彼らが本当に必要としているものを奪います。
  • 歴史と法律を書き直し、公衆を逸脱した創造にさらすことで、彼らの考えを個人のニーズから高度に偽造された外部の優先事項にシフトすることができます。


これらは、ソーシャル・オートメーション・テクノロジーのサイレント・ウェポンへの関心と発見を妨げます。


一般的なルールは、混乱のもとに利益があるということです;より多くの混乱、より多くの利益。したがって、最善のアプローチは、問題を作成してから解決を提供することです。


宛先変更の概要


メディア:成人の世間への関心を本当の社会問題からそらし、本当の重要性のない事柄に魅了されるようにします。


学校:本当の数学、本当の経済学、本当の法律、本当の歴史について、若い大衆に無知のままにしておく。


エンターテインメント:パブリック・エンターテインメントを6年生未満に保つ。


仕事:考える時間がないまま、大衆を忙しく、忙しく、忙しくしてください。他の動物と一緒に農場に戻らせてください。」


https://cirnow.com.au/silent-weapons-for-quiet-wars/


パラ・カスベッター

*「哲学」*作家*オラクル*スピリチュアル*クリエイティブ


para@solancevoyagegallery.com.au


SòlanceVoyageギャラリー

Sacred Whispers」「Sacred Journey」「Spiritual Quest

生命の神聖さを解き明かす巡礼。


www.solancevoyagegallery.com.au

____________________________________


https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/09/silent-weapons-for-quiet-wars-para-kas.html