坂本花子

927

フリー・エネルギーがニコラ・テスラの時代から人類にとって利用可能なようでしたが、デープステーツ先導の、彼らにとっては莫大な利益につながる原油産業優先のために、それらは軍機密として人類から隠され、地球と海洋の大規模な災害と汚染も無視し、彼らの独占するグローバルな商業も、原油から作られたプラスチック袋、etcの汚染が至る所に見られます。

日本も同じです。日本では、日本人は綺麗好きだ、ゴミを捨てない、きちんと掃除するなどと外国人と比べる自慢話が聞かれますが、これは自分の家、自分の家の前、外国のサッカー・スタジオで日本人が派手に自持ちの袋にゴミを拾って帰るイメージが世界のテレビで一巡する時もあり、時には本当のイメージを見せていません。

ということは、台風、強い風の翌日に日本の海岸中に、ゴミの山、特にプラスチック袋、コップ、コンビニ、スーパーの弁当箱、お菓子の袋etcが大量に打ち上げます。
E25DB88B-40EB-4059-BB13-725B15AA5500
 
 674A5C62-4A98-4843-96C8-A4D7A9F0E2BF78F1801B-2694-4F5C-BAAF-378AC103A524

さらに、街と街の間の自動車道の脇歩道には、時々、明らかにコンビニやスーパーで買った弁当箱とコップ、袋、アウミニウム缶が、歩道に無造作に投げ捨てられていて、投げた人間の心の汚さ、無責任さを示しています。
736CAAE8-3DE8-470A-A6B7-02401CDBFC8B
3D16E7A1-B700-4B2D-B254-88C7EA38D012
 

これは私が頻繁にウオーキングを実行していて、山道や街から出た舗道で出くわす風景です。明らかに運転中の車からポイ捨てされているようです。さらにこの写真のようにある山道の傾斜面の木々の間には、長年らしき沢山のゴミが投げ捨てられています。

また、今回は、コロナウイルスで、自然に過ごしたい多くの人々(大半が男性が海岸地帯に釣りに来ます。今も釣りの季節です。しかし、彼らの去った後の車の下あたりから沢山のプラスチック、缶廃棄物が落ちています。これが現状です。

近くには普通の住民がいますが、彼らの迷惑も考えないで、ポイ捨てを無責任にしています。

このような行動をする人々は大半ではないかも知れませんが、汚染物は目立ち、それらを見た人々の心を悲しくし、汚します。この荒廃した習慣を持つ人々は3Dの行動と言えます。自然を見るために来て、そこで1日を過ごし、その恩恵を受け、魚釣りで魚を自然からいただき感謝すべきなのに、その後自然を汚して帰ります。だが、5Dではこのような行動の人はいないでしょう。
 

8B24B4B7-7B89-4DD1-B35A-2DE5123557AA
このような美しい自然の山道ですが…


「ゴミ津波」はホンジュラスのビーチで打ち寄せる


2020923日水曜日


オリビア・ロザン、  EcoWatch 

ウェイクタイム

「ゴミ津波」がホンジュラスの海岸に打ち寄せ、野生生物と地域経済の両方を危険にさらしています。


ボイスオブアメリカは火曜日に、ゴミはほとんどプラスチック廃棄物であると報告し、国の北部にあるオモアの典型的な手付かずの熱帯のビーチを汚染しています。ホンジュラス当局は土曜日、ゴミが隣接するグアテマラのモタグア川の河口から来ていると述べた。それはビーチが引き付ける観光に依存するので、それは地方経済にとって問題を提起します。


「モタグア川からのこのゴミの波は私たちを本当に驚かせました、そしてそれは問題を引き起こしましたが、それは私たちの活動を止めませんでした」とYahoo Newsが報じたようにホンジュラス環境当局のリリアン・リベラは言った。「私たちはビーチをきれいにし、きれいに保つことに関与していますが、今日、テグシガルパの当局に強力な行動、この問題の永続的な解決策を見つけるための行動をとることを要求しています。」

テグシガルパはホンジュラスの首都です。


一方、ボイス・オブ・アメリカによれば、ホンジェラス政府はプラスチックの潮流を食い止めるためにグアテマラに行動を要求している。


しかし、The Intercept2019年に報告したように、グアテマラのモタグア川から流れるプラスチックは、この地域で進行中の問題です。グアテマラには管理された埋立地や廃水処理プラントがほとんどないという事実が、プラスチックの潮流を助長しています。その後、プラスチックは生物多様性のあるメソアメリカ・リーフの本拠地であるカリブ海に洗い流されます。


2017年、グアテマラ政府は、ホンジュラス政府が海岸に達した汚染について訴訟を起こすと脅した後、廃棄物を捕まえるために川に「バイオフェンス」を設置しました。フェンスはプラスチック製のネットで結ばれたプラスチック製のボトルでできています。


「いっぱいになると、実際にそれの上を歩くことができます」とゴミ捨て労働者のマルコドゥボンはインターセプトに語った。


世界中で、河川は海洋のプラスチック汚染の主要な発生源であり、その90%は 2017年に発見された10の河川に由来するだけであり、科学者たちはこの問題を深刻化させています。7月に発表された調査によると、毎年約1,100万メートルトンのプラスチックが海洋環境に侵入し、何もしなければ2040年までにその数は年間2,900万メートルトンに増加します。

プラスチックは海洋生物にとって大きな問題です。PEW、海鳥、カメ、海洋哺乳類がプラスチックに絡まったり、誤って食べたりする可能性があると指摘しました。これは絞殺、窒息または死につながる可能性があります。プラスチックが毎年100万羽の海鳥を殺し、ウミガメの半分がプラスチックを飲み込んだと推定されています。



著者について

OliviaEcoWatchのフリーランスの記者です。

Facebookのウェイキングタイムズのように Twitterでウェイキングタイムズをフォローしてください


出典:https : //www.wakingtimes.com/2020/09/23/trash-tsunami-washes-up-on-honduran-beaches/