2021515

A002CB4F-A9B5-4815-A592-840880DBE8CF
DNA信号と人体の自然な損傷細胞テレパシーを妨害する1つの方法は、太陽神経叢領域を標的にして、体のエネルギーを処理するための第2の脳として機能する消化器系を攻撃することです。

腸管神経系、第2

ニューラル・ネットワークが損傷したり、ELFによって攻撃されたり、毒素によって毒されたり、合成化学物質によって制御されたりすると、セルラーテレパシーと直接認識能力が妨げられます。腸管神経系(ENS)は、中央部に電気レシーバー・メッシュを形成し、消化管、胃、腸の内壁全体に存在する数百万のニューロンの集まりです。この電気メッシュは、私たちの2番目の脳として機能するニューロンで満たされ、私たちが環境でさらされているエネルギーを処理およびフィルタリングし、感情を直感的に感じ、私たちの評価に役立つ感覚体験を処理することを可能にする信号を拾います。 ENSが正常に機能している場合、ENSは、脳のニューラルネットワークと同じ回路に発火する神経伝達物質の適切な組み合わせと分散をサポートします。私たちの脳回路が健康な機能を維持するために私たちの腸回路に適切に接続されているとき、私たちの脳波はよりコヒーレントであり、適切な神経伝達物質機能は気分を安定させ、個人の幸福感を高めます。 ENSは、腸内にこれらの感覚や感情を引き起こし、外部の現実でイベントを処理するときに刺激されたと感じる直感、気づき、さらには「蝶」をもたらします。腸内の反応から非言語的に受け取る情報に注意を払い、腸の本能を信頼することは、セルラーテレパシーの一形態です。

したがって、NAAは、細胞内のエネルギーレシーバーとメッセージングを排除するために使用される社会的に受け入れられている方法の多くを通じて、考えられるあらゆるレベルで人間の生体神経学を制御しようとします。 ほとんどの人はテレパシーが空想科学小説であると信じて洗脳され、声を聞く狂った人々の否定的な意味合いを与え、彼ら自身の内なるテレパシー能力を実現する可能性を深く拒絶します。細胞テレパシーは意識コミュニケーションの固有の性質であり、私たちの細胞が青写真でどのように組織化され、私たちが外の世界で見、作成するものを明らかにするかを指示するのは、意識に含まれる情報です。 [1]


https://ascensionavatar.wordpress.com/2021/05/15/lisa-renee-second-brain/

http://hanakosakamoto33.blog.jp/