2021714

人類の集合意識と肉体に大きな太陽と惑星の磁気リセットを触媒するこの太陽系イベントの規模は、誇張することはできません。私たちの惑星は、大きな破壊的なポールシフト表面の大変動に苦しむことはありませんが、大きな啓示は、集団的な人類の意識の変化から生じる圧力の形で起こります。時間の分岐点で上昇軌道にあるものは、密度を急速に低下させ、次の次元周波数帯域のセットに推進されます。これにより、意識の知覚が次の時間ベクトル内の新しい位置に上昇します。これは、深海のダイバーによって説明されているものと同様に、減圧症として経験することができるその個人の有意な密度シフトを作成します。これは、ライトボディが磁気的に再配置されているときに、人体の内部から来る途方もない量のエネルギー圧力のように感じます。

私たちが日食の季節を経て夏至に入ると、太陽は宇宙の創始者のソース・ドメインから高度に洗練された電磁周波数の形で太陽の流れの途方もない変化を受け取り、プレアデス星系からのプラズマ送信を指示します。プレアデス星団からのこれらの太陽の流れは、太陽のキリストマイケルと太陽のキリストメアリーが次元化に戻ることによって触媒され、人間のクリスタルボディとDNAに活性化を伝達している黄金の立方体の太陽コードで満たされています。このフェーズでは、太陽でコード化されたストリームが、地球と太陽の基本磁気を根本的に変える、間もなく発生する密度シフトに備えるために、クリスタル・ホログラフィック・アーキテクチャを構築しています。

惑星の磁気再調整

クリスタルボディ命令セットとの再接続による磁気再調整の修正の急性期は、2022年の610日から3月の分点までの日食のウィンドウ内で発生しています。これらの物理的症状が現在存在しない場合、今後9か月以内に発生する可能性があります。 2022年以降の惑星の解放と上昇のタイムラインをナビゲートする準備をするために必要な意識の再生のために。

したがって、エメラルドオーダーの復帰は、惑星体のエメラルド・クリスタル・ハート・センターの内部チャンバーに直接大量のプラズマ電流の爆発を届ける落雷に似たエネルギー触媒を運ぶエメラルド光線を復元します。このイベントにより、惑星グリッド・ネットワークまたはアルビオン・ライトボディ(Albion Lightbody)で電磁リセットが発生し、磁気位置が反転します。 [1]

重要な地磁気シフト

これらのような重大で突然の地磁気シフトは、その軸上の惑星のスピンを中断するぐらつきを生成します。回転スピンと磁気圏の効果は両方とも、環境の光スペクトルで視覚的に見ることができるものの次元レンズを制御する構造であり、脳機能、外部現実の処理方法、および脳のニューラル・ネット・インターフェースに私たちの精神的な層で大きく影響します。一部の人々は、次のように磁気の変化の結果としてこの密度シフトを経験するかもしれません。運動技能の一時的な喪失、集中力の欠如、かすみ目、身体的バランスの欠如、めまい、および考えられる多くの感覚体験の変化。 [2]

磁場の弱体化

地球の磁場は常に変動する現象であり、微妙な力の世界に大きな影響を与えます。それは無数の方法ですべての人間の活動、環境そして物質の世界に直接影響を与えます。地球の磁場は、宇宙線などの宇宙のエネルギーから惑星を保護する巨大な目に見えない泡のように機能します。地磁気とも呼ばれる地球の磁場は、太陽から放出される荷電粒子の流れとして、地球の内部から太陽風と交差する場所まで広がる磁場です。 [3]

磁場シフト

コア磁場の変化:これは、惑星の磁場の大気層と、惑星の内核から発せられる磁気トーンの共鳴を変化させています。科学はこのコア共鳴音をシューマン共鳴として理解しています。惑星の磁気構造のこれらのレベルは両方とも、周波数コード命令セットがホログラフィック・ブルー・プリントのすべてのレベルにどのように中継されるかに関係しています。この命令セットは、コンピューター・プログラマーがインターネット・ページまたはプログラムを作成するためにhtmlコードを記述する方法と同様に、ホログラムがどのように記述されるかの基本コードです。これは、私たちの惑星のコア・アーキテクチャ、それが現れる物質の原理のコア基盤が変更されていることを意味します。 [4]


https://ascensionavatar.wordpress.com/2021/07/14/lisa-renee-density-shift/