開示ニュース| 2021717日に更新レブ

操作のボトルネックパート3– Lev

新しい情報は、地球を5Dの新しい振動軌道に移動させるというアルゴリアンの操作の進捗状況についてもたらされました。

2021716日、中央ヨーロッパ標準時午前1052分、飛行隊は次のレポートを送信しました。

「私たちは解剖フィルターを通過し続けます。すべてが共同作成者の計画に従って行われ、ガイドラインに厳密に従っています。

量子遷移のすべてのパラメータを監視しています。現実の変化は時間の流れとともに続きます。

行われているイベントに注意してください。相互作用に矛盾がある可能性があります。危険な産業や技術関連地域での事故を防ぐためにそれらを管理します。

ショーは本格的です。世界のすべての狂気に冷静に反応することをお勧めします。

各オブザーバーには、時空連続体上のオブジェクトが割り当てられます。変化は時系列で長くなるため、簡単ではありません。それは、時間が存在する各次元の特徴です。

あなたの健康に注意してください。現実の認識に変化があるかもしれません。人間の脳は今活発に変化しています。

世界はあなたが信じているのと同じくらいリアルに見えるでしょう。注意して、あなたの魂の気持ちに従ってください。天使のような構造のメンターシップは、共同作成者の計画に従って開発に参加するすべての人を対象としています。

状況はさらに明確にされ、修正されます。私たちはあなたと一緒です。」

宇宙戦隊の議事録へのコメントとしての追加情報があります。

微妙な平面上に作成された5次元のフラクタルは、5Dエネルギーで地球を激しく飽和させます。設定したパラメータにより電磁波が変化します。

それは惑星の磁気共鳴ベースに強い影響を及ぼします。その周波数は着実に上昇しており、磁気圏全体への影響を増大させています。地球の軸シフトの準備が始まります。

大気現象と惑星テクトニクスは、廃棄物とエネルギーの流れを積極的に排出します。彼らはスターオリックスから来る新しいものと交換しています。その空間に、アルゴリアンは今、新しい振動軌道で地球を動かしています。

複雑な惑星内プロセスが続いています。それらは周囲の空間の変化を加速します。

惑星の質量とエネルギーは増加しています。その新しい周波数に共鳴するものだけが生き残ることができました。

地球は変容し、源の新しい放射に咲いています。

これらの放射は、地球へのストリームのポータルおよび送信機として機能する太陽に影響を与えます。

2021713日、強力な量子波が太陽の向こう側で巨大な爆発を引き起こし、高エネルギー粒子で地球を襲った。

宇宙天気予報士がこの爆発を見たとき、彼らは心配していました。

その大きさのフレアは私たちにとって大惨事であった可能性があります。

量子津波が地球を襲おうとしていたようです。しかし、そうではありませんでした。

友好的な宇宙の種族は、惑星から反対方向に打撃をそらしました。

NASASTEREO-Aデータはそれを確認しました。

結局、津波は2021716日に続いた磁気嵐に下がりました。

宇宙だけでなく地球でも大変な努力が続けられています。

割り当てと銀河委員会の支援を受けて、ライトフォースの地上チームは地球のクリスタルグリッドの変換に参加しました。

この操作の主なタスクは、地球の因果行列の仙骨幾何学的形式を変更することでした。つまり、その構成と内容を四面体から二十面体にモーフィングすることです。それは、サティヤ・ユガに存在していた元の完璧なマトリックスを復元することです。

しかし、それは過渡的な状態に過ぎず、すぐにより良い形に移行するための準備です。

この目的のために、地球全体の結晶格子の振動周波数を惑星全体で増加させる必要がありました。より具体的には、惑星のマカバの節点と鍼治療点を通して世界的な加速に火をつけること。

ガラコムと相談した後、彼らはヨーロッパのスター要塞の1つを作戦スポットとして選びました。

その中心から、ライトウォリアーはアブソリュートの階層とガイアのグループと共に作戦を実施しました。

精力的に団結して、彼らは強力な光の波を生成し、それらを本物と人工の両方の惑星の星形成のセルラーシステムに導きました。

それは彼らのハリケーンの再活性化を引き起こし、クリスタルグリッドと地球のコアの振動を劇的に増加させました。

歴史上初めて、両方の並列インフラストラクチャが同時に正常に機能しました。

これと他の最近のライトフォースの地上チームの作戦の詳細は続きます。


(つづく)


https://www.disclosurenews.it/operation-bottleneck-part-3-new-galactic-ops-part-27-lev/


http://hanakosakamoto33.blog.jp/